スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年10月03日

COP357 ヨネザワvsマルシン

久々の更新はCOP357です。
ヨネザワとマルシンがケースレス・ガスガンとしてモデルアップしているので、比較してみました。(ヨネザワの製品は既に絶版です。)

パッケージの比較。左がマルシン、右がヨネザワです。
マルシンは最近のエコ事情に考慮し、中箱は段ボールの切り抜きになっています。
ヨネザワのパッケージにある「カスタム」の表記は、この製品がメッキモデルだからです。
(COP357に限らず、当時のヨネザワ製品はメッキモデルをカスタムと表記していました。)

画像上がヨネザワ、下がマルシンです。
トリガーの長さとか、フレーム後端の形状など、各部に違いが見られます。
当然、後発のマルシンのほうが実銃に近いのですが、グリップのネジ位置は何故かヨネザワが正解です。

フレーム右側の画像です。
ヨネザワはモナカフレームのネジやトリガーの肉抜きがちょっと萎えポイントです。
実銃にはないエアガン・セフティはどちらもグリップ前方に付いています。

銃口の比較。
左がヨネザワ、右がマルシンです。
マルシンは8ミリBB弾仕様のため、銃口に迫力があります。また、ライフリング表現もされています。

バレルをチルトアップしたところ。
マルシンのCOP357はチルトアップのために実銃にはないスプリングが入っています。

チャンバーを後ろから見たところ。
どちらもケースレスで、BB弾を直接詰め込みます。
  


Posted by 夜魔猫  at 22:09Comments(2)ガスガン

< 2010年10>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
夜魔猫
夜魔猫
世の中には知らない方が幸せなこともある。
オーナーへメッセージ